お問い合せ
HOME企業情報>歴史・沿革

歴史・沿革

1914 宇部新川鉄工所〔現:宇部興産機械(株)〕発足
1942 宇部興産(株)設立一事業所として、宇部鉄工所が新発足
1953 除塵装置(トラベリングスクリーン)1号機を納入
1954 竪型ミルの製造を開始
1963 大型ダイカストマシンを開発し、世界最大(当時)の型締力2200ton機を納入
1973 橋梁の製造を開始
1976 新型射出成形機(UBEMAX)1号機を納入
1980 沖の山コールセンター第一貯炭場完成、スタッカ、リクレーマ稼動を開始
1981 アルミハードアロイ用間接複動押出プレス1号機 完成
1982 興産大橋完成、開通
(日本鋼構造協会より業績表彰を受賞、および土木学会田中賞を受賞)
1986 世界初の横型締竪鋳込み方式の
アルミ成型用スクイズキャスティングマシン1号機を納入
1987 世界最大(当時)の型締力4000tonダイカストマシンを納入
1992 米国に機械販売・サービス会社〔UBE MACHINERY SALES INC.〕を設立
1996 ISO 9001認証取得
エア浮上式コンベヤ 販売開始
米国にて射出成形機・ダイカストマシンの製作開始
社名をUBE MACHINERY INC.に変更
1998 全電動式大型射出成形機の販売開始
1999 宇部興産(株)より機械部門を分社し、宇部興産機械(株)を設立
ISO 14001認証取得 
2000 宇部興産機械(株) 営業開始
2001 中国・上海に宇部興産機械(上海)有限公司を設立
2002 全電動式大型射出成形機(MD-1400S3)が省エネルギー機器として
資源エネルギー庁長官賞を受賞
「高サイクル新レオキャスト成形システム」が、第37回機械振興協会賞を受賞
2005 世界最大型締力3000tonの
超大型全電動式射出成形機「MD3000HW」の販売開始
OHSAS18001認証取得
2006 2プラテンハイブリッド型締装置採用による世界最小設置スペースを
実現したダイカストマシン「UH1250」の販売開始
2008 大型電動射出成形機「MDS-Ⅴ」の販売開始
2010 グローバルスタンダードダイカストマシン「UB-iVシリーズ」の販売開始
グローバルスタンダード大型射出成形機「UFシリーズ」の販売開始
2011 インド・グルガオンにUBE Machinery India Private Limitedを設立
2012 東洋機械金属(株)とダイカストマシンの生産で提携
2013 宇部テクノエンジ(株)と統合
2014 東洋機械金属(株)との資本業務提携を締結
メキシコ合衆国・イラプアト市にUBE Machinery Mexico S.A. de C.V.を設立
ハイブリッド フィル キャスティング(HFC)を開発・発表
2015 当社施工の源太橋(鳥取県)が土木学会田中賞を受賞
東洋機械金属(株)との共同開発中型機「UB650iC」と「UB800iC」ダイカストマシン上市
2017 三菱重工プラスチックテクノロジー(株)の株式85%を取得
U-MHIプラテック(株)として営業開始
UBE、三菱両社の射出成形機を取扱う販売会社U&Mプラスチックソリューションズ(株)を設立
Copyright (C) UBE MACHINERY CORPORATION,LTD. All Rights Reserved.