お問い合せ
HOME製品情報産機事業/運搬機>エアー浮上コンベア

エアー浮上コンベア

エアー浮上コンベア

エアー浮上コンベアの特徴

ベルトを空気で浮上させて搬送するベルトコンベアです。従来のローラータイプコンベアに比べ、低騒音、省動力での運転ができます。
また、完全密封構造なので荷こぼれ、発塵の心配もありません。
エアー浮上コンベア
エアー浮上コンベア
1. ローラーレス
中間部にローラーを使用していないので、キャリアおよびリターン側から発生する騒音及び振動がありません。
また、ローラー交換や落鉱清掃作業等のメンテナンスがフリーです。
2. 空気膜でベルトを支持
ローラーに代わり、空気膜でベルトを支持しています。
従って従来のコンベアに比べ摩擦係数が小さくなるので、モーター容量が低減でき、省エネが可能です。
3. 完全密閉
ベルトコンベアは完全密閉しているため粉塵や異臭が外部に漏れることがありません。
従って市街地や工場の環境対策に最適な設備です。
4. 省スペース
積載断面が大きく、また高速輸送が可能になるので設備が小さくなります。
よって、従来のベルトコンベ アに比べ約50%以上(当社比)の省スペースが可能です。

エアー浮上コンベアの基本構造

ローラーを使用せず空気膜でベルトを支持します。(空気圧 200〜800mmAq)
エアー浮上コンベアの基本構造

エアー浮上コンベア 能力別型式

名称 MTシリーズ(小型) WPシリーズ(中型) BUシリーズ(大型)
断面形状 トラフ式 縦二重管式 Uパイプ式
能 力 〜100t/h 100〜1,500t/h 1,000〜5,000t/h
ベルト幅 300〜650mm 400〜1,200mm 1,000〜1,600mm
パイプ径 -- 300A〜900A 750A〜1,200A

ベルトコンベア

コンベアライン Conveyor Line

■受入ライン
アンローダで陸揚げされた石炭は、ベルトコンベアにより貯炭場中継建屋まで移送されます。中継建屋からは貯炭場搬送用ヤードコンベアでスタッカ/リクレーマあるいはスタッカまで送られ、貯炭するシステムとなっています。

■払出ライン
スタッカ/リクレーマあるいはリクレーマで払出された石炭は、同じくヤードコンベアでヤード外へ搬出されます。

■Charging line
Coal unloaded through unloaders is transferred to a relay station for a coal-yard with a belt conveyor, from where it is transferred to a stacker/reclaimer or a stacker with a yard conveyor for coal-yard transportation.

■Discharging line
Coal discharged with a reclaimer or a stacker/reclaimer is transferred to the outside of the yard with a yard conveyor.
ベルトコンベア
Charging Conveyor
Capacity:3,600t/h Belt speed:170m/min Belt width:2,000mm
Yard Conveyor
Capacity:3,600t/h Belt speed:250m/min Belt Width:1,600mm
Discharging Line
Capacity:1,300t/h Belt speed:250m/min Belt width:1,050mm
Service
Coal conveying

その他コンベア

その他コンベア/石炭輸送コンベアその他コンベア/土砂輸送コンベア
その他コンベア/石炭輸送コンベア
Copyright (C) UBE MACHINERY CORPORATION,LTD. All Rights Reserved.