お問い合せ

ドライヤー

ドライヤー

ロータリー型ドライヤーの特徴

胴の直径1mから5m程度のものが多く、並流型と向流型とがあります。
  ・操作が容易で、長期間連続運転が可能。
  ・大容量の処理に適している。
  ・リフター形状、配列を考慮しているので、乾燥効率が高い。
  ・不純物の混入防止として間接加熱式も製作している(カーボン用)。
  ・コンセントラルを設置したものもあり効率の良い製品の乾燥が出来る。

堅型ドライヤー

・石炭用として着火防止を図り、低温で乾燥できる安全構造となっている。
・ランニングコストが低廉。
・据付面積が少なくてすむ。

パドルドライヤーの特徴

パドルドライヤーは、流動攪拌型であり、通気・攪拌乾燥機構を有し、高速・高効率乾燥が可能です。このため、

コンパクトなボディー

での乾燥物処理が可能であり、工場敷地の有効利用、

イニシャルコストの低減

が図れます。
本ドライヤーは、高含水の汚泥や、粘土等の乾燥に適しており、廃棄物を有効資源として活用する場面等にて、大いに実力を発揮します。
乾燥熱源に高温ガス(〜435℃)を直接加熱で使用するため、工場内で発生する

排熱(排ガス)がそのまま使用可能

です。
パドルドライヤー
パドルドライヤー構造図
Copyright (C) UBE MACHINERY CORPORATION,LTD. All Rights Reserved.